スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
08/20 07:15 のりたマガジン配信完了 ==>かなり悪い展開の相場でも評価したい経済指標

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

アジアハイイールド債券ものに注目!@

  
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑ 閲覧前に  ぽちっとして頂けると幸せです。 

以下、ファンドの新設が目に止まりました。
「アジア・ハイ・イールド債券F(毎月)円ヘッジ」(損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント)
中身は未知数なので、
既存のものを検索。
ハイイールドといえば、
米国ものばかりに目が言っていたが、
アジアものはどうなのか?
長期的には、魅力的な市場なので押さえておきたい。
アジアハイイールドものは、ほとんど最近新設したものばかりのようだ。
いくつかあるが、月次レポートがまだ出揃っていない。
月次レポートがでないと詳細がわからないので検索して、
その中で一つピックアップしてみました。
ダイワ/フィデリティ・アジア・ハイ・イールド債券ファンド(通貨選択型)
http://www.daiwa-am.co.jp/funds/doc_open/fund_doc_open.php?code=4804&type=6
20120128AJIA.jpg 
最終利回り8.9%ってすごくないですか?
まぁ、それもそのはずで、
無格付けが3.2%もあることですね。
米国ハイイールドなんて、
CCC格付けを入れてきたのも最近ですからね。
しかし、デュレーションが低い。
デュレーションが低いということは、
ローリスク/ローリターン寄りであるということ。
なのに、この利回り!
悪く無いですねー。
しかし、アジアもの全体で言えるのが、
コストが高いということ。
買い付け時手数料:3.15%
実質信託報酬:1.85%

米国ハイイールドの通貨選択型もビックリですね。
円ヘッジあり、ノーロード、信託報酬1.4%以下程度なら、
是非、買ってみたい!のだか・・・。
そんなうまい話はないか。
せめて、ノーロードものが出てくることを期待したい。
ネット証券さん頼むよ!
こういうのをネット専用ファンドにすれば買うのに。

    ↓ 少しでも参考になるものがありましたら、応援クリックお願いします。
  
にほんブログ村 株ブログへ   にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ   にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
↑ 他の投資信託ブログも見てみましょう!




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

“アジアハイイールド債券ものに注目!@” への2件のフィードバック

  1. タートル より:

    アジアハイは利回りは申し分ないが、気になる点があります。それは、アジアの新興国の財政状況は他と比べてまだ健全であるから買いという見方と、中国の不動産関連不良債券が含まれているのではとの疑念から控えたほうが良いという見方があるからです。運用レポートを確認すればアジハイの中身はほとんど中国債券です。

    • のりたま より:

      運用内容を確認しましたが、国別で見ると中国と香港でだいたい6割に設定しているみたいですね。
      最近は、中国の住宅市場の下落が大きいですがあまり大きく影響していないところをみると思ったよりはリスクは連動性が低いかもしれません。
      不動産の連動性が思ったより低くても不良債権の影響をうけることとは別かもしれませんが。

      おっしゃる通り、中国関連は注意が必要ですね。
      疑念があって悩むなら投資はしない。
      私も中国への投資は避けているのでそれだけ多いと選択肢には無いかな。(^_^;

      この記事を書いた当時とは状況も変わりつつあります。
      今のところどうかわかりませんが、引き際は重要になってくるでしょうね。

      そもそも今はリスク選好だし、マネーの流れから言って投資の優先順位としては低いとも考えています。

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ