スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
07/14 07:05 のりたマガジン配信完了 ==>いよいよ利下げでメルトアップ寸前!?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

今年も毎月分配型投資を研究しまくります。(・∀・)@

  
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑ 閲覧前に  ぽちっとして頂けると幸せです。 

houfu.gif 

今年の抱負です。
ブログ村の
「人と異なることを恐れてはならない 2 トーナメント」
へのエントリーです。
http://politics.blogmura.com/tment_ent/37_1327.html
毎月分配型のここが凄いとかブログで書いたり、
twiitterでつぶやくとしょっちゅう、
否定派からの反論が来ます。
インデックス派が正しい投資であるのは主流?
流行っているこの時代。
その反対をやっていることに恐れはしません。
のりたまが攻撃された、
反論に出た
などの書き込み。
もう慣れっこです。(^^;
それだけ有名になったと思えば、嬉しい嫌味です。
人は、
「毎月分配型は非効率だから
若者の資産形成に向かない」

というが、
自分の考えをしっかり持っていれば恐れるに足りません。
真っ向勝負。
持論を展開し、
結果をちゃんと残して、
否定派の人をギャフンと言わしたいです。

毎月分配型は、なぜか研究されていないのです。
非効率というだけで、
専門家の思考が停止してしまっているからですね。
私一人になっても、
毎月分配型の良さをこれからもめげずに頑張ります。
同士のみなさん応援よろしくお願いします。
ご年配の方は、真似しないでね。

    ↓ 少しでも参考になるものがありましたら、応援クリックお願いします。
  
にほんブログ村 株ブログへ   にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ   にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
↑ 他の投資信託ブログも見てみましょう!




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

“今年も毎月分配型投資を研究しまくります。(・∀・)@” への2件のフィードバック

  1. dai より:

    あけましておめでとうございます。
    1つ前のエントリのリンク先のブログ、拝見致しました。以前こちらのブログにコメントさせて頂いたものと同じような
    内容のモノで、私の考えと同じ考えの方がいらっしゃってうれしく思いました。
    毎月分配型の投資信託は個別元本や特別分配など、初心者にはとっつきにくい(自分もそうでした)言葉が多いですが、
    仕組みを理解していれば良い投資商品だと思います。
    リタイヤ世代の年金代わりに適しているともよく書かれていますが、
    長期で運用できる若者にもよい商品だと思います。
    「長期での資産形成には分配型は不利」というのは過去の右肩上がり相場の時の話だと思っています。
    インデックスタイプにせよ、無配投信にせよ、最終的には基準価額のみが資産です。
    昨今のような下落リスクが大きい不安定な相場では、定期的にキャッシュポジションを高めてくれる毎月分配型は
    非常に有利です。(のりたまさんのブログ内でも何度も出ている話で恐縮ですが)
    またちょくちょくコメントさせて頂きます。
    今年もよろしくお願い致します。(IT市場も厳しいですががんばりましょう。どこかで一緒に仕事してたりして(笑))

  2. のりたま より:

    daiさん。
    あけましておめでとうございます。
    > 内容のモノで、私の考えと同じ考えの方がいらっしゃってうれしく思いました。
    こちらこそ嬉しく思います。(^^)
    > 長期で運用できる若者にもよい商品だと思います。
    そうですよね。
    > 「長期での資産形成には分配型は不利」というのは過去の右肩上がり相場の時の話だと思っています。
    > インデックスタイプにせよ、無配投信にせよ、最終的には基準価額のみが資産です。
    > 昨今のような下落リスクが大きい不安定な相場では、定期的にキャッシュポジションを高めてくれる毎月分配型は
    > 非常に有利です。(のりたまさんのブログ内でも何度も出ている話で恐縮ですが)
    そうなんです。ウォール街のランダム・ウォーカーが聖書のようになっていますが、
    時代や市場もかわれば、検証結果も変わるはずです。
    あれに載ってるからと反論してくる人が多いこと。
    なぜ今の時代で話さないのかいつも不思議に思うところです。
    そのくせ、過去の実績は未来で同じ成績が残せるわけではないという
    理論攻めをされるのですよね。
    どっちの話かわかりません。
    > またちょくちょくコメントさせて頂きます。
    ぜひぜひ。
    > 今年もよろしくお願い致します。(IT市場も厳しいですががんばりましょう。どこかで一緒に仕事してたりして(笑))
    ありえるかも(^^)
    今年もよろしくお願いします。

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ