スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
09/24 07:11 のりたマガジン配信完了 ==>期待通りのFOMC結果で投資状況は大満足!?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

投資信託 価格変動値計算TOOL(分配Ver)@

遅くなりましたが、
11月に、のりたマガジンで配布するTOOLのご紹介です。
価格変動値計算TOOL(分配Ver)
 
先月のTOOLは、
無分配投専用でしたので、分配あり版をつくりました。
過去の分配金データを指定した期間で合計する部分が、
面倒でしたのでリリースが遅れました。(^_^;
TOOLの作成目的は、
先月同様。
暴落した時にどの銘柄を買うと、
その後の反発を大きく狙えるのか?

 
という、
銘柄発掘に利用するものです。
※詳細は、前回記事参照
<10月記事>
投資信託 価格変動値計算TOOL

 

http://nrtm5002.blog97.fc2.com/blog-entry-748.html

過去の暴落時期を
自由に期間指定できます。
底付近から平常時に戻るまでの変動率をチェック可能です。
今回は、毎月分配型に対応しておりますので、
過去の指定範囲での分配金も加算した上での、
価格変動率をチェック可能です。

 
短期での上昇トレンドだけみると、
無分配の方が勝つ可能性が高いと想定されますが、
ある程度、期間が延びる程、分配型の方が有利になることがあるので、

 
そのあたりのチェックはとても有効かと思います。
※実際に市場トレンド次第なのでやってみないとわかりません。
色々な暴落期で比較するのも面白いですね。
要するに、反発を狙うといっても、
短期での売りに失敗した場合、
分配型が手堅い?

 
などの判断もできるかもしれません。
画面イメージはコチラ。
20121103TOTOL.jpg
前回のTOOL画面データに分配金データが表示されるところが違っています。
当然ですが、分配金を含めると
利益率が上がりますね。
20121103TOOL2.jpg
<使用方法>
(1)価格変動率を知りたい期間を指定
(2)一括処理ボタン押下

 
上記のサンプルデータ(2011/10/04-2012/03/02)は、
昨年、米国債格下げ。FOMC失望売りの期間ですね。
 
因みに、前回インデックス投信を処理してみたところ、
40%以上の価格変動率があったものは、
9銘柄ありましたが、
今回集計した毎月分配型では、
25銘柄ありました。
インデックスの最高変動率は、
51.9%
毎月分配型の最高変動率は、
56.6%
でした。
インデックスでは、
株式タイプが上位を占めていましたが、
※ある意味、1階建てだけでもそこそことれる?とも解釈できますね。
これは、ちょっと意外か。
ただし、新興株で単一国なのでトレンドにより銘柄を絞るのは難しいと思います。
毎月分配型では、2階建てや3階建てなどの、
通貨ヘッジを含むものが上位に来ていますね。
こういうのも好みがわかれるところですね。
今回のTOOLは、毎月分配型だけでなく、
年1回などの投信も今回のTOOLの方がよさそうですね。




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ