スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
03/19 07:15 のりたマガジン配信完了 ==>期待ハズレだったFOMCの結果をどう考えるか?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

投資信託の基準価額チェックTOOL/1クリックかんたん全自動

 

次回、のりたマガジンで配布するTOOLの紹介です。

 

まず配布時期についてなのですが、

5月のメルマガでは見送りすることとなりました。

実は、このTOOLを作るのにかなり時間がかかりそうだったので少々お待ち下さい。

 

※2016/05/30
7月のメルマガで配布予定です。お待ちくださいませ。

 

ただ今回、どんなTOOLかだけは紹介しておきたいと思います。

 

次回、配布するTOOLは、

 

基準価額チェックTOOL

 

になります。

 

その名の通りで、

投資信託の「基準価額」を「自動」で「チェック」するためのTOOLです。

 

運用の格言に書いてありますが、

私は投資信託を運用する上で、

基準価額を日々チェックして確認することをとても重視しています。

 

投資信託の値動きの荒さや、クセ、

市場価格との連動性の確認など、

投資をする上で最低限、確認しておくべきだと思っているからです。

 

特に初めて保有する 投資信託は、

最低限、半年ぐらいは継続してチェックしておくといいと思います。

 

今でも新しい銘柄を保有するたびに色々な発見があるもので、

欠かせない作業となっています。

 

そして、この作業をするだけで各市場の動向が見えてきますので、

投資戦略を考える上でものすごく役に立ちます。

 

私は毎日、基準価額をチェックしていますが、

チェック作業自体はとても簡単です。

運用会社のHPをブラウザで見ていくだけです。

 

しかし、ある程度の数を何年も継続的にやっていくとなると、

とても大変なものなのです。

 

1,2年くらいならなんでもなかったように思いますが、

このブログも始めてからもう5年以上経過して継続することの大変さをしみじみ感じるようになりました。

 

実際にチェックしてみると分かるのですが、

運用会社の基準価額を更新する時間はまちまちで遅れたりすることもあり、

何度もブラウザで確認したり、ブラウザの表示をまったりするのが意外と時間を使い大変です。

 

こういう面倒な作業こそTOOL化すると皆さんにも役立ててもらえると思いますので、TOOL化することにしました。

 

もっと早く作れば良かったのですが、作るのが大変だと分かっていたので実は先送りしていたのですよね。(^_^;

 

毎日、最新の基準価額をチェックするためには、

運用会社のHPなどを確認する必要があるのですが、

TOOLとして汎用的なものにするためには多くの運用会社に対応しないと多くの人に使ってもらえません。

 

運用会社をピックアップしてみたところ70社以上ありました。ΣΣ(゚д゚lll)

1社ずつ個別にプログラムを作らないといけないのでかなり大変です。

今まで作ってきたプログラムと比べても何倍も時間はかかると思います。

これが今回のTOOLを作るのに時間がかかる理由です。

 

しかも、HPというのは意外とリニューアルされることが多く、

一旦、TOOLをリリースしてしまうとその後のメンテナンスも運用会社の数だけ大変なので、

TOOL化において躊躇していたところはあります。

 

あまり作りたくないけど役に立つなら作るべきだと思うので、
ちょっと時間をかけてでも作った方がいいということで、

重い腰を上げました。(^_^;

 

さて、前置きが長くなりましたが、

現在、開発中の画面イメージをお見せしたいと思います。

 

※画面イメージ

kijyunnkagaku-check-tool

 

運用会社HPの「URLアドレス」をEXCELにセットして、

ボタンを「1クリック」するだけで基準価額を全自動で取得します。

 

ほったらかしで複数の銘柄をチェックできますから、

とっても楽になるはずです。

 

最初に1回だけチェックしたい銘柄のURLを設定する必要はありますが、

日々のチェックでは、ボタンを押すだけになります。

 

処理結果がこちら。

kijyunnkagaku-check-tool2

 

取得情報のみを拡大したものがこちら。

kijyunnkagaku-check-tool3

 

基準価額以外には、

「最新の決算日」と「分配金」を取得できるようにしました。

※分配金をHPに掲載していないところも多くあるみたいなので、

取得可能なところのみ対応していますのでご了承下さい。

 

基準価額が下る理由として分配金が出たことが挙げられますが、

決算情報を確認するのを忘れたり、分配落ち日がズレることも多く見落としてしまうことは多いです。

 

たまに私もブログで、分配金が出たことを見落として相場が下げたと勘違いして、

読者様のコメントで指摘してもらうといったことがあり、チェックする上での悩みでにありました。(^_^;

 

TOOLでは、分配金が発生したものをメッセージ表示するなどしてわかりやすくしますので、

決算有無の見落としを防ぐのにも役立てられるようにしています。

 

 

それから今回、特にこだわったのが、

 最新の基準価額を取得したものは処理対象から外すというところです。

 

運用会社によって更新時間がまちまちなので、

最新の情報に更新されるまで何度か処理を繰り返すことが考えられます。

毎回、全部を再処理していたら非効率で時間がかかりますので、

古いデータのみ再処理するようにしました。

 

24時過ぎの処理や祝祭日などの処理もこだわって対応しましたので、

意外とこの部分だけで大変でした。

 

この対応をしっかりやっておくと、

今まで手動では絶対的ないような数の銘柄を常時チェックしたりすることもできるようになるので、

新しい投資戦略も見えてくる可能性はあると思います。

 

 

毎日使うものなのでできるだけ使いやすさは重視したいと思っています。

意見があればTOOLに反映しますので要望などあったら教えて下さい。

 

恐らく、今まで作ったTOOLの中でも、

これからは一番使っていくことになるであろうTOOLだと思います。

 

またできたらお知らせしますので、

それまでお待ち下さいませ。

 

2016/06/29追記

=>基準価額チェックTOOLの仕様と機能追加について

 

 

=> のりたマガジンはこちら




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ