スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
05/27 07:07 のりたマガジン配信完了 ==>急変した相場から見える複数のリスクと波乱要因?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

株 インデックスを上回るアクティブファンド@

(ネット証券専用)新興市場日本株レアル型
は、どのくらい上昇しているかな~

  基準価額 取得平均 単価損益 前日比   購入来
騰落率
DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)<愛称:オーナーズ・インカム> 6,693 5,467 1,226 3 0.04% 25.08%
ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本株 レアル型 17,028 9,699 7,329 975 6.07% 76.63%
(本日時点)保有投資信託の総損益→ 48.93%
※以下は、売却銘柄。しばらく監視。
三井住友・アジア・オセアニア好配当株式 『愛称 : 椰子の実』 7,774 - - -30 -0.38%  
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 4,523 - - 1 0.02%  
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 6,594 - - 13 0.20%  
野村米国ハイ・イールド債券投信(豪ドルコース)毎月分配型 13,090 - - 286 2.23%  
米国高利回り社債・ブラジル・レアルファンド(毎月決算型) 9,581 - - 146 1.55%  
野村米国ハイ・イールド債券投信(ブラジルレアルコース)毎月分配型 9,476 - - 192 2.07%  

※取得平均は、手数料込み。
※取得平均は特別分配による返還分は、マイナスしていません。当初購入価格のままです。
※元本騰落率は、過去に受け取った分配金は含まれません。
※私が保有している銘柄は私のスタイルに合わせたもので万人にススメているものではありません。
※購入来騰落率は、基準価格の損益と配当実績を考慮したものです。
 購入時期により、差が出るため単純比較はできません。
J-REITは、相変わらずですね。
小上げ。

持ち合いで動く場面かと思っていましたが、
どうやら違うっぽい。
20130503J-REIT.png 
半値戻しブレイク出来ない場合、
天井になる可能性は、結構高いのですが、
この展開は、
押し目をたどる展開かもしれない。

上記で反発すれば、
堅実な上昇トレンドになると思います。
果たして!?
さて、
ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本 レアル型
なんと!予想よりも上昇してますね。
+6%!

前から思っていたのですが、
このファンドって、
インデックスよりも想像以上にパフォーマンスいいと思いません?

ここ、3ヶ月の比較
20130503FAND.png 
ドル円は、ほとんど動いていない。
むしろ、円高気味。
ブラジルレアルは、
20130503USDBRL.png 
むしろ、円高レアル安。
JASDAQ、日経平均、TOPIXよりも、
+7%以上 !?
いい成績になっているように思います。
※目算です。
日経と比べれば、
約20%の差!?
ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本 レアル型
の構成。
20130115hiritsu.png 
ガンホーなど絶好調銘柄は、
もちろん入ってますよ。
銘柄選定も、
なかなかのものなのかもしれませんね。
よく、アクティブファンドが
インデックスに、絶対勝てないというのは、
本当ではありません。

まぁ、カラクリがあるのですが、
そもそも前提が、
同じ銘柄を長期間の運用と比較した場合だということです。
何事も都合の良いことで、人を惹きつけるのです。


アクティブファンドを中期投資している私には、
まったく関係のない、証明です。

前提にスタイル、スタンスの違いを考慮に入れていないのですね。
今なら、
この新興国 レアル 以外にも、
インデックスを上回っているのは沢山あると思いますよ。
なぜなら、相場が大きく動く時が、
インデックスを上回る時だから。

※まったく調べてませんのであしからず。感覚です。
う~ん。素晴らしいい
為替の動向次第ですが、
明日、もしかしたら
総損益が+50%超えるかも。

明日も幸せでありますように。
※投資は、自己責任でお願いします。




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

“株 インデックスを上回るアクティブファンド@” への12件のフィードバック

  1. トリック より:

    いや、ここ(ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本株レアル型)については、書きたいこといっぱいあるのですが……
    まず、銘柄構成がよい、はそのとおりです。
    ちょっとヘソ曲がりなんですけど。
    じつはガンホーなど、いまではそこそこ(3%ほど)ありますが、ちょっと前まではほとんどなかったです。
    その代わり、情報、サービス系企業で、わたしの好きなところをいくつも取り込んでいるので、感心したものです(たとえば、ドワンゴなど)。そうしたやり方で、この上昇率叩き出せるのは、まさしくアクティブの鑑ですね。兄貴分のDIAM新興市場日本株ゆずりといってもよいでしょうか(そちらは現在、買い付け停止中)。
    じつはDIAMはJF(JPモーガン)とならんで、日本株(特に中小型株)のよいファンドの宝庫ですね。
    この2つ以外にも、「証券ジャパン日本株オープン」と「DIAMアジア関連日本株」という上昇率高いファンドがあります。
    こちらは、ガンホーやケネディクス、ナノ、コロプラなど、いわゆる中小型の人気株をそろえていて、上昇が高いタイプ。ある意味インデックス的でもありますね。
    わたしはやっぱり、新興市場日本株レアルの「これにだけしかない」魅力というのに参ってます。
    でも、ホンネは‘どうしてこんなスゴイやつ、最初から見つけてたんだろ’という感じです。
    ネット証券専用ファンドシリーズは、じつはやはりDIAMの新興国中小型株ファンドの方を当初は評価してたんですけどね。
    これも、悪くは全然ないんですが(1年比で+50%くらいはあるんですが。最近はちょっと新興国がつらいので)、知らぬ間に新興市場日本株レアルがぐんぐん伸びてきましたね。
    投資って、おもしろいですね^^

  2. のりたま より:

    > ちょっとヘソ曲がりなんですけど。
    > じつはガンホーなど、いまではそこそこ(3%ほど)ありますが、ちょっと前まではほとんどなかったです。
    そうだったのですか!
    銘柄の見極めはもちろんのこと、
    資金流入のタイミングや銘柄選択など功を奏したのですね。
    > でも、ホンネは‘どうしてこんなスゴイやつ、最初から見つけてたんだろ’という感じです。
    やはり、為替と日本株、
    買い付け手数料無料ってコレぐらいしか無いのではないでしょうか?
    沢山ある中で、キラーン☆彡と光ってます!(^^)

  3. こんばんは
    >よく、アクティブファンドが
    >インデックスに、絶対勝てないというのは、
    >本当ではありません。
    アクティブファンドがインデックスに絶対勝てないと言っている人がいるんですかー?
    確かに、それは本当ではないですよねー
    前も書きましたが、のりたまさんの運用が年率10~20%で複利も効いてマイナスを想定する必要がないのであれば、その成績を公開しない手はないと思うのですが?

  4. のりたま より:

    > アクティブファンドがインデックスに絶対勝てないと言っている人がいるんですかー?
    インデックス派の方は、大体思っているのでは?
    そこに条件があることを分かっていない方の為に強調しています。
    > 前も書きましたが、のりたまさんの運用が年率10~20%で複利も効いてマイナスを想定する必要がないのであれば、その成績を公開しない手はないと思うのですが?
    今、公開している分だけでも十分ではないでしょうか?
    ずっと総損益がプラスであることがわかると思います。

  5. そう言ってる人がいるとするならば、のりたまさんの運用を見せれば、黙らせるのは簡単なのになぁと思ったのですが、残念です。
    まぁ、そんな簡単に手の内は見せられないですよねヽ(´―`)ノ
    すみませんでした。

  6. のりたま より:

    > まぁ、そんな簡単に手の内は見せられないですよねヽ(´―`)ノ
    金額以外は、全ての手の内をブログで公開しているつもりなのですが。
    買いタイミング、売りタイミング。
    投信の損益。最近は、保有総損益。
    これだけで十分だと思います。
    ずっとプラスなら、複利的に増えていることがわかるはずなのですが。
    インデックスを上回っているのは、記事のグラフで確認できますね。
    運用スタイルの違いがあれば考えが違うので、
    最近は、あまり議論する意味が無いことだと思っています。
    私と同じようにアクティブな投資をしている人とは、
    比較の意味が出てくるので、
    考えが違うなら話してみたいですが。(^^)
    インデックス VS アクティブ
    と書いたのがダメだったかもしれません。
    私の悪いクセかな。
    ※「インデックスファンドの長期運用」との比較という意味ではないです。
     あくまでも指数です。
    長期投資 VS 中期投資 ?
    という、スタイルの違いを分かってもらえたら幸いです。
    インデックスでも色々な投資スタイルがありますから。

  7. 「アクティブな投資」にもいろいろありますし、比較自体が難しいですよね。
    ありがとうございました。

  8. 衣笠亜矢子 より:

    こんにちは
    いつも勉強させて頂いております。
    こちらのページを拝見してから、投資信託に傾倒し、頑張っています。
    教えて頂きたいのですが、投資信託デビューの「短期オーストラリアドル債」を解約しようかどうか迷っています。
    分配金もほぼ順調に受け取れていたし、1年半のホールドですが、オーストラリアドルの下落が続いているので迷っています。レアル投信に乗り換える資金にしたいと思っています・・余裕資金がないもので。
    ご指南頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

  9. トリック より:

    ブログ主より先に書くとは、差し出がましいですが、わたしも同じ環境だったので、お許しを。
    豪ドルはまた上がるでしょうが、いまの環境はさすがにきついです。
    ということで、わたしも丸3年ホールドした通貨選択型の元祖野村欧州ハイイールド豪ドルを売却して、他のレアルや新投信アジア・プラスに切り替えました。レアルの見通しいま一歩ですが、他の競争金利安国家たちに比べれば、まだましかと。
    ほんとは
    米ドルが一番強そうなんですが(^^;

  10. のりたま より:

    衣笠亜矢子 さん
    トリック さん
    ありがとうございます。
    読者同士のコメントとってもいいですね!
    みなさん、どんどん自由にお書き込み下さい。(^_^)
    私の意見は、トリックさんが言うとおりのことと同じです。
    米ドルが一番、無難ですよね。
    最近、商品市況のトレンドが悪化したので、
    資源国通貨ものは、良くない状況です。
    特に、豪ドルは厳しいかも?
    初心者のかたに必ず言うのですが、通貨選択型をもっているなら通貨のチャートを見るようにしてほしいことです。
    特別なチャート分析ができなくてもかまいません。
    なんとなく眺めて、下げそうだな。上げそうだなと自分で感じることが重要ですね。
    今週、豪ドルは重要な分岐点に来てます。
    是非、チェックしてみてくださいね!
    ちなみに、通貨で選ぶ前に何に投資するか考えるのがいいと思います。
    債券じゃなくて、株でもいいし。REITでもいいですからね。
    その上で、通貨選択型ものを選ぶかどうかの順番がいいかと。
    最近、通貨選択型といっても、豪ドル、レアル以外に沢山選択肢もでてきてるようですから。

  11. 衣笠亜矢子 より:

    トリック様 のりたま様
    お返事に気付くのが遅れすみませんでした。
    貴重なご意見ありがとうございました。毎日チャートを見ては豪ドルの下落に冷や汗ものの私でしたが、見きりがつけられそうです。株もそうですが、投資は損切りと売りが一番難しい・・・・実感です。株も含め投資信託も、まだまだヒヨっこの私です。それに加えて女性特有の・・私だけかな???又上がるかも~~もうこれ以上下がらないだろう~~的な・・未練がましい・・というか自分に都合のよい考え方をしてしまうので 見きりをつけて次にさっさと乗り換えることが出来にくいですね・・これが出来ないと投資は失敗することはわかってるんですが。本当にこのブログには感謝しております。トリック様のご意見も心強いものとなりました。ありがとうございました。やっぱり米ドルと今は株の下落が続いているから、投資信託の選択肢もたくさん出てきますよね。頑張ります。

  12. のりたま より:

    女性と男性という観点で投資の運用を考えたことが無いですが、面白いですね!
    投資もルール化すれば、落ち着いて見られますし判断が付くようになりますので、衣笠亜矢子 さんなりの運用を目指してくださいね。
    投資の運用は、長いものですのでじっくり行きましょう!(^^)

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ