スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
08/13 07:05 のりたマガジン配信完了 ==>北朝鮮問題によるリスク回避の影響を確認する

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

毎月分配型投資信託は、危険?チャウ(・_・ 三・_・)チャウ@

  
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑ 閲覧前に  ぽちっとして頂けると幸せです。 

anzen.png
 
twitterより
20111126twitter1.jpg   
※個人を特定する部分は、モザイク入れてます。

私は、安全だと思っています。
※投資そのものが危険というツッコミはやめてくださいね。(^^;
投資効率は低くなるし、
損している人を多く見ているので、
危険であるという人がよく居ます。
まぁ、この背景には、
通貨選択型カバードコール戦略など複雑商品のことをいわれているかもしれません。
しかし、自分で理解出来ない商品ならそれ意外の商品を選べばいいのです。
一部の商品のリスクを毎月分配型の責任とするのはヤメましょう。
投資タイミングもあるでしょう。証券マンのススメられるまま・・・。
上昇トレンドでは、分配や再投資でも税金の分だけ非効率になるため、
投資効率が悪いのは紛れも無い事実です。
しかし下落トレンドでは、
分配で現金化した分だけ元本が小さくなっているため、
リスクは小さくなっているので、
安全というわけです。
マイナス複利の影響が小さくなるということですね。
毎月分配型が損している時は、
無分配型は、かなり損しているということですからね。

投資効率を優先すれば儲かるものではありません。
昨今の年に数回ある暴落局面では、
意外と毎月分配が理にかなっていると思いませんか?
暴落した局面で、
今までの分配金を集中投資すれば、
かなり有利となるかもしれません。

高く売って、安く買うの理論が実践できるというわけですね。

もちろん暴落中に買う勇気の無い人は、
向いていないかもしれませんが。
毎月分配がすべての局面において、
優秀などとは思いません。
正直たまたま今年頭の方にはじめて見たら、
そこそこよかったというだけですから。
運が良かったかもしれませんね。

毎月分配型のシステムの位置づけとしては、
めちゃくちゃ儲かる可能性は捨てているかもしれませんが、
めちゃくちゃ損する可能性を抑えている

ミドルリスク/ミドルリターン

の位置づけと考えておけば、
納得できるかもしれません。
※対象商品によっては、ハイリスク/ハイリターンもありますが、
 ここでは、毎月分配型のシステムについて言っています。
投資効率の良い最大収益は求めておらず、
着実に現金化して行って安全に運用していると思えば、
良い商品だと思いませんか?
毎月分配型否定論者の
考えが少しでも変わってくれることを祈ります。

    ↓ 少しでも参考になるものがありましたら、応援クリックお願いします。
  
にほんブログ村 株ブログへ   にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ   にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
↑ 他の投資信託ブログも見てみましょう!




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ