スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
12/02 07:07 のりたマガジン配信完了 ==>パウエル氏発言で相場が逆戻り?日経はいいとこ取りで・・・

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

米国REIT買い察知TOOL/LibreOffice版

 

10月にのりたマガジンで配布するTOOLを紹介します。

 

米国REIT買い察知TOOL
LibreOffice版
です。

 

米国REIT買い察知TOOLは、
6年以上前に、EXCEL版をブログ読者向け全員に無料配布したもので、

相場が急落したときに買いタイミングなどを分析するためのTOOLです。

 

投資信託で米国REITへ投資している人が多いのもあって、
多くの方にダウンロードしていただきました。

とはいえEXCELを持っていない人は利用できなかったわけですが、
誰でも利用していただけるように、
今回、LibreOffice版を作りました。

 

LibreOfficeとは完全無料で使えるOfficeソフトです。

以下より誰でもダウンロードして使えます。
=>https://ja.libreoffice.org/

 

基本的な機能は以前と変わっていないのですが、
せっかくなので便利に使えるように少し機能追加しています。

 

画面イメージはこちら。

usreit-tool1

 

今回のツールでは、
最近のツールで付けている翌日以降のシミュレーションもできるようにしておきました。

usreit-tool2

どのくらいまで下げたらシグナルが点灯するのかなどのシミュレーションができます。

 

それから今回のツールでは、
2つの数式を切り替えられるようにしてあります。

usreit-tool3

 

表計算ソフトなので数式は直接自由に変更できるのが、
表計算ツールの強みではありますが、

標準の分析数式として2パターン切り替えができるようになっていますので必要に応じて切り替えて使ってもらえればと思います。

 

 

以上となります。

LibreOffice版のツールは2つめのリリースとなりますが、
EXCELとは違い開発においては前回ともまた違いかなり大変でした。

やっぱりEXCELというのは有料だけあります。(^_^;

ただ開発が大変でも利用者にとっては無料で使えるofficeで動作するツールというのはとても意味があると思います。それだけの価値がLibreOffice版にはあると思うので、今後も引き続きリリースしていきたいと思います。

 

それでは10/07のメルマガまでお待ち下さいませ。

 

=> のりたマガジン(まぐまぐ)はこちら

 

=> のりたマガジン(レジまぐ)はこちら
※コンビニ払いなど複数の決済に対応しています。




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ