スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
09/16 07:08 のりたマガジン配信完了 ==>貿易問題などのリスクと金利上昇トレンドのせめぎ合い?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

7/25 ドル円77円台突入?米債務上限問題が焦点@

  
 
↑ 閲覧前に  ぽちっとして頂けると幸せです。 


ドル円 77円台も間近ですね。(^^;
今週は、神経質な一週間となりそうですね。
今日の基準価額はどうでしょうか。

  基準価額 取得平均 単価損益 元本騰落率 前日比
DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)(オーナーズ・インカム) 5,428 5,665 -237 -4.18% 2
三井住友・アジア・オセアニア好配当株式 『愛称 : 椰子の実』  6,001 6,274 -273 -4.35% 27
損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型) 13,181 13,829 -648 -4.69% 14
DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース> 9,764 9,774 -10 -0.10% 44
4,295 4,349 -54 -1.24% 2
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 4,295 4,533 -238 -5.25% 2
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 6,029 6,019 10 0.17% 7
野村米国ハイ・イールド債券投信(豪ドルコース)毎月分配型  13,662 14,386 -724 -5.03% -103
野村米国ハイ・イールド債券投信(ブラジルレアルコース)毎月分配型  11,628 12,496 -868 -6.95% -166
(通貨選択S) 新興国債券<レアル>(毎月)  11,577 -436 -3.63% 7
※ラサールが2つありますが、別の証券会社で保有しているものです。
※取得平均は、手数料込み。
※取得平均は特別分配による返還分は、マイナスしていません。当初購入価格のままです。

全体的に小上げですね。

野村米国ハイ・イールド債券投信(豪ドルコース)毎月分配型

は、分配落ち日でした。
分配金は、250円。 (^^)/

野村米国ハイ・イールド債券投信(ブラジルレアルコース)毎月分配型
は、分配落ち日でした。
分配金は、250円。 (^^)/
今月最後の分配金が出揃いました。
今月は、下落しっぱなしでしたので、
特別分配が多く出ています。
集計結果は、また載せますが、
普通分配比率が、先月よりもかなりみにくいことになりそうです。(^^;

市場環境が悪く、
下がってしまうのはしょうがないですね。
この場合は、
運用が悪いわけではありませんので、
解約しないで、買い増しして復活を待ちたいところです。

グローバルREITを狙っていますが、
先週まででかなり上がってしまいました。
為替があまりに下がるようでしたら、
「通貨選択型」ものを買い増しすることにします。

株ブログランキング
サラリーマン投資家ブログランキング
REIT・不動産投信ブログランキング
投資信託ブログランキング
ブログランキング ブログ村

さて、ドル円の状況はいかがでしょうか?
20110725USD.jpg  ↓ 円高
下がりっぱなしですね。(^^;
とうとう77円台に突入しそうです。

ドル円どうのこうのより、
今週はやはり、米国債務上限の問題が焦点ですね。

8/2が期限と言われていましたが、
事実上の期限は27日にとなったという発言があったそうです。
---------------------------
<米国は連邦債務上限問題を乗り切れるか>
 もっとも、目先は8月2日の期限に迫った連邦債務の
上限(デット・シーリング)引き上げ問題が焦点になるのは間違いない。
ベイナー下院議長はデット・シーリングの引き上げ法案を
成立させるための事実上の期限は27日にとなったと発言。
成立しなければ米財務省は借り換えができなくなり、
ガイトナー財務長官が以前述べたように8月2日にデフォルト
する可能性がある。
 ただ、市場には週末の取引時間中にオバマ米大統領が
土壇場で財政赤字の削減と連邦債務の上限引き上げで議会と合意し、
債務不履行(デフォルト)は回避されるという報道が出た
(ベイナー議長は否定)ように、楽観的な雰囲気が強いのは確か。
市場からは、「8月2日までに大幅な赤字削減への合意は難しいため、
5000億ドル程度の暫定的な上限引き上げでとりあえず合意し、
その後半年の間に赤字削減のための包括的な法整備を整える
のではないかとの見方がマーケットには多い。
結局は先送り
に過ぎないが、とりあえず差し迫ったピンチは乗り切れる」
(米系証券)との声は出ているが、果たして結果はどう出るだろうか。
(YAHOOニュースより)
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20110725-00123831-mosf-world
---------------------------

やみくもにとりあえず上限を上げようではなく、
少しでも長く時間をとって、
体質改善できるならそれもよしですよね。
延長した場合、
とりあえず粘ったという政治パフォーマンスで終わるのではなく、
結果も求められるでしょうから。
まぁ、私も楽観視しておきます。(^^)

今週は、水曜日(27日)明けの
木曜日(28日)の動きに注目しましょう!
明日も幸せでありますように。

    ↓ 少しでも参考になるものがありましたら、応援クリックお願いします。
  

 
 


↑ 他の投資信託ブログも見てみましょう!




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ