スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
06/25 07:10 のりたマガジン配信完了 ==>中期投資の合間にする私の個別株投資戦略

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

ドイツDAX指数の加熱危険度TOOL/バブルを察知せよ

 

今日から、4月。新年度の始まりですね!

今年度も投資で利益が得られるように頑張っていきたいと思います。(^_^)

 

4月にのりたマガジンで配布するTOOLを紹介したいと思います。

 

ドイツDAX指数の加熱危険度TOOL

 

ドイツ株への投資がしたいからこのTOOLを作ったわけではありません。

欧州株への投資や相場の監視のためにつくりました。

 

ECBの量的緩和でホットな市場となっている欧州株ですが、

対象のEU諸国は、多くの国が存在します。

 

債務で苦しんでいるギリシャをはじめ経済状況の悪い国があるのですが、

そんなに悪くもない、むしろ経済状況は良い国も存在しています。

 

たとえばドイツは、経済状況は悪くなく量的緩和は不要だとも言われており、

余計な金融緩和はバブルを招くとして懸念されています。

 

ユーロ圏全体の政策なので、

コントロールは難しいようです。

特に通貨はユーロで統一のものですからね。

 

 

それで、

バブルが懸念されているなら、

予め監視しておけばいいということでこのTOOLをつくってみました。

 

詳細はメルマガでも書きますが、

ユーロ全体の株価指数より、ドイツのDAX指数が良さそうと判断したので採用しました。

 

oushuukabu-tool

過去5年分の最新データを取得して分析できます。

 

oushuukabu-tool2

 

翌日以降のシミュレーションもできるようにしておきました。

 

 

以下は、少しでも反応のあった日のみを抽出したものです。

oushuukabu-tool3

 

今年に入ってから、少し過熱感の反応がところどころ出てきているのが分かります。

本シグナルは★マークが出るようになっているのですが、

まだ今のところそんな過熱感がでるような状況にはなっていないようです。

 

 

あまり欧州株のクセを知っているわけでもないですし、

ギリシャ危機以降で相場状況は様変わりしましたから分析も難しいのですが、

参考に使ってもらえればいいかなと思います。

 

EXCELなので自分でもカスタマイズできますから、

色々自分で相場のクセに合わせて調整してみるのもいいと思います。

 

 

 

 

 

それでは、週末のメルマガ配信をお待ちください。

 

=> のりたマガジンはこちら

 

 

 




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ