スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
05/21 07:05 のりたマガジン配信完了 ==>トランプショックは大したことない?相場の動きから見えるもの

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

ベトナム株価ドンチャート投資信託TOOL@

6月に配布する
のりたマガジンのTOOLになります。
ベトナム株価と通貨の合成データTOOL
 
前月配布したTOOLの
ベトナム版です。
インドネシア株価とルピア通貨の合成データTOOL
 

http://nrtm5002.blog97.fc2.com/blog-entry-958.html

読者様から
ベトナム向けの要望がありましたので開発してみました。
要望と完全に合っているかどうかはわかりませんが。(^_^;
何年か前、ベトナムが中国の次に来ると、
話題になったことがありましたね。

 
VISTAなんて言葉も生まれました。
その当時、現地に出向いてまで個別株を投資している人がいましたね。
個別株でうまく選別できていれば、
ある程度、儲かったのでしょうね。
 
今、投資したって、遅いでしょ?
 
いいえ。
一般投資家にとって、
話題になった時が投資時でないのは、
なんでも同じ。
 
10年チャートを見ると、
ほぼ、横ばいであることがわかります。

 
※リーマン・ショックの最安値からでも、
2倍くらいの値動きしかない。
指数銘柄や、投資信託を買っていても、
儲かっていないのでは?
ちょっと青田買いしすぎですね。
 
個人的には、
インドネシア、マレーシア、フィリピン
の次に来そうな感じ。

 
まだ、これからということですね。
狙いとしては、悪くない。
※これから株があがるかどうかは、誰にもわかりませんよ。
中東や、中南米をなるべく避けて、、
アジアオセアニア地域へ投資を優先させている私にとっては、
目をつけておきたいですね。

 
個人的にミャンマーは気にはなっているものの、
一般投資家が買うには、
まだまだでしょう。
 
これらの株価は、
やはりGDPが影響しているからだと思います。
GDPがある程度のところまでこないと、
急激な成長にならないので、
株価も停滞してしまうと思います。
 
ベトナムのGDPは、まだかなり低いです。
株価が上昇するのも、これからでしょう!

と、これからのベトナム投資に期待して、
TOOL化する意義も分かっていただいた所で、
TOOL紹介
20130531TOOL.png
20130531TOOL2.png
ベトナムの通貨は、ドンっていうんですね。(^_^)
今は、株価の動きが激しいようですね。
今、投資信託などで投資している人だけでなく、
これから投資したい人に使ってもらえるといいかと思います。
ベトナムの投資信託が、
微妙な銘柄しか無いので、今後増えてくると願いたい。




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ