スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
04/30 07:11 のりたマガジン配信完了 ==>有事のリスクから一転した相場で再確認できたもの

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

個人年金保険はお得?日本生命にすすめられたけど必要ない注意せよ@

意外にも、日経が上げたのですね。
でもドル円は、101円台のまま。

 

安定しちゃってますね。
今日は、ちょっと個人年金の話をしますね。

 

20140217toshin.gif
フィデリティUSリートは、分配あり。

 

ちょっと投資とは変わるのですが、
皆さんは、個人年金保険って入っていますか?

 

厚生年金、国民年金とは、
別に個人で積み立てているかどうかの話です。
先日、日本生命の営業さんから個人年金保険をススメられました。

 
ちょうど今、保険料率の改定があるようで、
生命保険会社では、年金の利率が下がるから、

 
今入っておくといいよ~。
とすすめているみたいですね。

 

日本生命は、4月から。
日本生命以外の大手は既に下げているので、日本生命が今一番高いのだそうな。

 

投資を勉強していなかったら、多分入っていたでしょうね。

 

入っちゃった人いる?
そのおばさんの顧客に知り合いが沢山いるのですが、
結構、入っちゃってるみたい。
保険のおばさんより、投資について詳しいので、

 

よーく聞いていれば、何の魅力もない商品だと分かります。

 

まぁ~、うまい営業トークしますよ。
へ~、へ~。
と、うなづいて話に引き込まれます。(^_^;

 

一番、惑わせたのは、
数字のマジックですね。

 

保険料率。
配当利回り。
年金で受け取る最終利率。

 

このへんをしっかり説明しないもんだから、金融商品としてどういいのかさっぱり。

 

今、入ったほうがお得。
年金だけじゃ足りないので入らないと困る。
こういう限定と、危機感をあおるマーケティング手法ですね。(^_^;

 

ちなみに、商品内容ですが、
約30年後に、112% になるというもの
※最終受け取り

 

これみて、どう思いますか?
基本的に、保険会社が潰れない限り、約束された利回りです。
魅力的と思いましたか?

 


訂正:確定利回りではありませんでした。
変動するそうです。
マイナスになることはなく、最低はゼロ。
こういうのは、自分でみないと気づかないねー。
リスク投資なら、
説明不足で返金要求ものだよ。

 

ちなみに、10年以内に解約すると元本割れ。
年金なのでもちろん65歳まで償還されません。

金融リテラシーが低いひとは、魅力的に写るかもしれませんね。

 

1%にみたない、銀行預金の時代に、
+12%なんて聞いたら、凄い!と思うひとは必ずいます。

 

注意が必要なのは、絶対値にごまかされないこと。
+12%っていっても、
30年ですよ!?
この意味わかりますか?

アホらしいです。
というか、そんな利率でいいなら、
私にお金貸して!
これが、いったいどれくらいのものなのか?

 

それは、自分で確認してね。
それをやらないと、金融リテラシーは高まりませんので。

 

リスクはありますが、
私が公開している程度の実績なら、
2年でいけるでしょうね。
じゃ、リスクが低く、元本割れしにくいものだとどうか?
私の知る限り、もっといいのはあります。
30年も資金が拘束されるんだったら、
せめて、+200% くらいないとね。
それでも、私は入りたくないですけど。
最後に、今後はインフレになります。
どういうことか、わかりますよね?

 

生命保険会社という、
クリーンな会社。

 

会社も、別に騙しているわけではないのですが、
日本人特有の金融リテラシーに漬け込んでいると言わざるをえないです。

投資の勉強をしていれば、
これが如何に、グレーな商売であるか分かります。
皆さんも自分で考えて資産運用してくださいね
明日も幸せでありますように。
※投資は、自己責任でお願いします。




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ