スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
11/12 07:05 のりたマガジン配信完了 ==>J-REITの下落と今後の逆張り投資戦略について

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

投資信託の解約と買い付を分割しての一括投資@

為替が凄いですねー。
99円付近。
先週、93円だったのにねぇー。
今日の投資信託は、コチラ。

  基準価額 取得平均 単価損益 前日比   購入来
騰落率
HSBC インドネシア債券オープン(毎月決算型) 11,937 10,363 1,574 179 1.52% 22.73%
DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)<愛称:オーナーズ・インカム> 7,049 5,205 1,844 -204 -2.81% 37.70%
ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本株 レアル型 13,532 9,699 3,833 778 6.10% 40.32%
(本日時点)保有投資信託の総損益→ 37.97%
※以下は、売却銘柄。しばらく監視。
三井住友・アジア・オセアニア好配当株式 『愛称 : 椰子の実』 7,467 - - 67 0.91%  
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 4,417 - - 61 1.40%  
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 6,424 - - 120 1.90%  
野村米国ハイ・イールド債券投信(豪ドルコース)毎月分配型 13,034 - - 203 1.58%  
米国高利回り社債・ブラジル・レアルファンド(毎月決算型) 9,618 - - 157 1.66%  
野村米国ハイ・イールド債券投信(ブラジルレアルコース)毎月分配型 9,418 - - 303 3.32%  

※取得平均は、手数料込み。
※取得平均は特別分配による返還分は、マイナスしていません。当初購入価格のままです。
※元本騰落率は、過去に受け取った分配金は含まれません。
※私が保有している銘柄は私のスタイルに合わせたもので万人にススメているものではありません。
※購入来騰落率は、基準価格の損益と配当実績を考慮したものです。
 購入時期により、差が出るため単純比較はできません。
※今週取引分は、
 全ての取引が完了次第、上記に反映します。
J-REITの投資信託だけは下げましたね。

全般的には上昇!
為替の影響は大きすぎ。

ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本株 レアル型
連日のように大きな値幅上昇をみせてますね!
今日のJASDAQ株高と、
円安の影響は、明日反映なので明日も上昇ですね!
また、J-REITを追い越しました!
保有銘柄の騰落率のことですが、
J-REITと日本株レアルで追いつけ追い越せ状態です。
もう、総損益+40%も目の前ですね!
う~ん。儲かりすぎ。
こんなこと言える日がくるとは。
今日の投資信託 取引はコチラ
昨日と同じくコチラ解約
HSBC インドネシア債券オープン(毎月決算型)
分割解約が功を奏していますね。
円安メリット教授。
こちらも昨日と同じく買い付け。
DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)<愛称:オーナーズ・インカム>
今日は、J-REITが思ったより下げてくれたので、
少し安く変えました。
分割購入が功を奏していますね。
但し、この流れは押し目まで反落するパターンっぽいですね。
投資信託を積立で、リスク回避するのと同じく、
短期でも分割で取引をすると流動性リスクが減ります。
特に、最近の値幅が大きく動く局面では大きいですね。
大きく動かない局面でももちろん意味はあります。
何も、1回で買い付けすることだけを
一括投資と呼ぶ必要はありません。

私としては、数日間で分割買い付けしたとしても、
タイミング投資における、
一括投資と捉えています。

明日も幸せでありますように。
※投資は、自己責任でお願いします




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ