スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
10/21 07:07 のりたマガジン配信完了 ==>リスクの継続と高まる中国経済への懸念?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

日銀金融緩和が政府(安倍さん)と食い違いがあるのはなぜか@

年末は、
メルマガも発行していないので、
コラムをちょっと書きます。
 
大分前にも触れたことがあるのですが、
金融緩和について話します。
日銀と政府(エコノミストなど民間含む)では、
金融緩和している、していないの話のズレがあることはご存知ですか?
日銀:すでに緩和した状態にある。
政府:金融緩和が足りない


なぜ、このような違いがでるのでしょうか?
双方の会話から、
事実だけを抽出すると明快になります。
<日銀の解釈>
これまで、長年にわたって金融緩和を継続してきており、
緩和の状態はGDP比でみるもの。 ※絶対比較
GDP比では世界随一であり、
すでに緩和した状態である。
これ以上、緩和することに効果があるのか、
疑問視している。


<政府の解釈>

ここ数年では、
世界各国のマネー増加量を比べると、
明らかに少なく、

通貨戦争により負けてしまっている。※相対比較
円安にしないといけない。

そもそも、金融緩和による目的が違うことがわかりますでしょうか?
日本国内はすでに、必要なマネーの量があふれているということですね。
日本国内に、必要以上のマネーを供給することは、
インフレにつながるのでやりたくない。
但し世界では、
昨今の急激にマネーの供給量を増やしたので、
円高になってしまうのですね。
なので、円の量を増やして円安にしたい
しかし、世界各国では、
GDP比では、日本より下
なのです。
要するに、両者の主張は別のところにあるのですね。
だから食い違うのです。
多分、安倍さんはわかってないです。
意外と、経済には無知なので。(個人的意見)
※参考
円安に誘導したいだけなら、
他にも方法があるといわれています。
また株価を上げるだけだとしたら、
それもまた違う方法があります。
この事実を踏まえると、
他の国は、今まであまり金融緩和をやってこなかったので、
マネーを増やす余力があったと思われます。

逆に、日本は余力が少ないと。
さて、
マネーの量を増やして、
円安になったとして、
デフレは解消するのでしょうか?
解消するという人も多いですが、
これは、過信しないほうがいいと思います。
なぜなら、
金融緩和だけしても、
経済成長を伴わないと
デフレ脱却は出来ない
からです。
これは、日銀、政府共に意見は一致しています。
気になるのは、
さらに必要以上のマネーを供給することは、
日本に過度なインフレをもたらすことになることです。
インフレにしたはいいが、
景気が上向かなかったら最悪です。

日銀が、あんなにインフレを気にすることがよくわかります。
安倍さんが追加金融緩和策を発言したことで、
期待による
円安が進んでいます。
白川さんが政府と積極的に、
連携しているのは、今まで主張していた、
独立性の観点で不安です。
しかし期待により、
結果が出てくるようになれば、
必要以上に追加金融緩和をしなくてもいいでしょうね。
白川さんも期待が必要以上に過小評価されているので、
安倍さんに加わってパフォーマンスしているとしたら、
正解ですね。
これからは、
追加金融緩和策の量より、
期待が上回って推移するかに注目したいと思います。
※上記は、私が調べまとめた個人の意見なので、
 自己責任でご理解ください。




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ