スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
09/17 07:17 のりたマガジン配信完了 ==>チャンス到来?FOMC後の想定と投資戦略

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

金暴落の前兆か?@

←閲覧前に応援クリックして頂けると幸せです。


※私個人の意見が多く含まれます。
 投資は、自己責任でお願いします。

皆さんは、金関連のファンドを持っていますか?

私は、金鉱株関連のファンドを投資をしていましたが、
今年のファンド決算後の2月に、
調整から1オンス1400ドルへの戻りとなった時に、
全て売却しました。
※これは、年1回配当型です。
数年前からの保有でかなりパフォーマンスは、良かったです。
ごちそうさま。

金投資をされている方は、

 ジョージ・ソロス

 ジョン・ポールソン

という名前をご存知かと思います。

両氏ともファンド運用者で、
大量の金を保有していることで有名です。

金のバブルは、
これらの金融エリート達によって、
演出されているものなのだそうです。

現在は、インフレや有事の金買いで
その必然性を装っていますが、
現時点で金の需要に対して、
かなり供給が上回っているそうです。

それでも金が買われるのは、
中国が金準備高が異常に低いことから、
最近、急速に買増していることが裏付けになるかもしれません。

他には、インドの結婚式シーズンの金需要も裏付けの
ひとつになっているかと思います。


それから、
米国のユタ州でゴールドやシルバーを通貨として認めるという話がどうなるかは気になります。

それがここにきて、

ソロス・ファンドが保有する金と銀を大半売却した(過去1ヶ月間)

との報道がされたようです。
売却量に関しては、
市場全体へ大きく影響する程のものではなかったみたいです。
しかし、その人物としての影響力は大きいです。

4月に一時ゴールドマンサックスが顧客へ売り推奨しました。


銀価格が暴落しています。


QE2(量的金融緩和)も6月に終了することが報じられ、
インフレが解消傾向になっていくと思われます。

皆さんは、
どのように感じられるでしょうか。

ジョン・ポールソンがまだ保有しているのと、
まだまだ金は、長期的に4000ドルにもなるという話まであります。
人によっては、10000ドル!?

少なくとも、
この6月は、何かあるかも???

一旦調整して、また上昇となるかそれとも・・・・。

私が、金を手放したのは以下の本を読んだのが、
きっかけでした。

金融業界の事は全くわかりませんが、
操作している人がいるというのが、
その後、私を納得させたからです。
これを読んだのはだいぶ前ですが、
1400ドルになる以前に、
1400ドルになるという予測がなされました。
※誰だったかは忘れました。
そして、この予測を知った後に、
本当に1400ドルになり、調整となったので、
びっくりしました。
※おかげで、押し目買いがうまくいきました。
これは本当に上げるべくして吊り上げられた。
ここまでしか上がらないのでは?
と思いました。
※その後、1500ドルを超えましたので少し売却が早かったですが。
興味のある方は、
読んでみてください。
金融素人の私が、
金融業界の裏を知れた気がして、
ちょっとレベル上がった気になっています。(^_^)
ずらずらと個人的な見解を述べましたが、
皆さんに参考になることといえば、
投資信託は、ずっと持っていればよいというものでは無いということです。

やはり、買いどき、売りどきがあります。
自分として、
どうなったら、売るのか。
どうなったら、買うのか。

というのは、常日頃から考えたいものですね。

分からない(自信が無い)なら、手を出さないことです。

※投資は、自己責任でお願いします。

↓少しでも参考になるものがありましたら、クリックお願いします。
←こちらで他の投資信託ブログがご覧になれます




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ