スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
05/21 07:05 のりたマガジン配信完了 ==>トランプショックは大したことない?相場の動きから見えるもの

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

NYダウ買い察知TOOL/下落時の逆張りチェック

 

10月にのりたマガジンで配布するTOOLをご紹介します。

 

NYダウ買い察知TOOL

 

です。

 

9月に配布した以下TOOLと基本的には同じで逆張り戦略での買いタイミングをチェックするためのTOOLです。

 

=>指数の買い察知TOOL/下落時の逆張りチェック

 

9月に配布したTOOLではNYダウのデータは取得できないものでした。

そのため、読者様からご要望がありましたので、

今回のTOOLを作りました。

米国株の投資信託を買うタイミングで参考にするのが目的です。

 

ただし基本的には9月と同じTOOLではあるのですが、

米国市場は標準の数式では反応が出にくいので、

NYダウ専用にカスタマイズしているところは違います。

 

画面はこんな感じです。

 

nydow-tool

 

最近はおきまりの翌日シミュレーションも出来るようにしています。

nydow-tool2

 

 

ここ最近はどうなっているかチェックしてみましょう。

nydow-tool3

 

8月の後半に大きく下落しましたが、

そこで少し反応が出ているのが分かります。

 

その後相場は反発して停滞していますが、

反応は出ていないのが現状です。

 

今後、利上げや中国不安などで相場が下落することがあれば、

このTOOLで買いタイミングを探っていきたいとおもいます。

 

 

このTOOLでは2ヶ月以上前の過去データはチェックできないのですが、

チェックしたものがこちらです。

nydow-tool4

 

当然ながらリーマン・ショックの急落時に反応が多く出ているのが分かります。

 

 

分析する数式は、私の感覚でカスタマイズしていますが、

EXCELなので自由に個別カスタマイズして頂けます。

 

 

今後、米国市場で利上げや中国の景気減速など、

相場を押し下げるかもしれない要因が出てきますが、

そのときに急落するようなことがあればこのTOOLを使っていきたいと思います。

 

 

 

よろしかったら、使ってみてください。

 

 

それでは、週末のメルマガ配信をお待ちください。

 

=> のりたマガジンはこちら

 

 




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ