スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
07/28 07:05 のりたマガジン配信完了 ==>上値が重いダウが下落でも実はイケイケ?

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

インターネット通信速度を定期的に自動記録するTOOL

 

NTTフレッツ光ネクスト隼でプロバイダはGMOとくとくBBを使っていますが、
特に夜などアクセスが集中する時間帯においてネット速度が遅くなることがあります。

遅くてもあまり気にしないでいたのですが、
たまたま遅い時間帯にgoogleのネットスピードで通信速度を確認したら、
あまりにも遅かったのでサービス内容を含めて見直そうかと思っているところです。

 

IPv6に対応したV6プラスにすると速くなるのかな?

それで曜日や時間帯によって通信速度がどれだけ違うのかを調べるために
通信速度を計測するTOOLを作ってみました。

 

データ収集のしやすさやグラフ化しやすいのもあって、
やっぱり便利なLibreOfficeで作っています。(^_^)
netospeed-tool1

TOOLを稼働させると、
3つの計測サイトから通信速度を自動で取得してくれるものです。

 

自分で計測プログラムを作ろうかとも思ったのですが、
専用サイトでは通信経路の選択などかなり特別なことをやっているのでそれを利用した方が良いと判断。通信速度の計算というのは意外と奥が深いかもしれません。

 

通信速度を調べていくうちにサイトによってかなり結果が違ってくることがわかったのですが、
特にgoogleの場合、遅いときに確認するとものすごく通信速度が遅い結果になります。

テストごとに通信経路が変わるから?

とりあえず他に2つのサイトでも計測するようにしてどんな違いがでるのかも確認してみたいと思います。

 

計測した通信速度データは、「サイト毎」にシートを分けて記録していきます。

netospeed-tool2

一度起動してしまえばバックグラウンドで、
1時間に1回、定期的に自動で記録してくれますので毎日起動して放置するだけです。

 

とりあえずしばらく稼働して結果を確認しようかと思います。

 

v6プラスというのは、
時間帯によって混雑するようなケースで改善する可能性のあるサービスのようですが、本当に効果あるのかな?

使っている人います?

 

とりあえず時間帯によって通信速度がかなり変わるようであれば、
V6プラスを検討する材料にはなると思います。

 

GMOとくとくBBはプロバイダ料金が安い分、追加料金がかかる?らしいので、
他のプロバイダを含めて検討しないといけないかな。

プロバイダによってサービス内容が意外と違うので比較が面倒くさいです。(^_^;

 

インターネット環境に関しては、
自宅で無線LANを利用しているのですが、
7年前の機器で規格や機能も古いままなのでそれも改善しようかと検討中です。

 

TOOL計測してみた結果

※2019/08/14追記

後日計測した結果はこちら
=>v6プラスで速くなるか?TOOL計測結果でアップ余力確

 

※2019/09/09追記

新パソコンで驚きの計測結果がこちら
=>Windows10パソコン買い替えで無線LANが速くなったよ!




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ