スポンサードリンク

◆毎月分配型の投資信託運用格言
◆インデックス長期投資は絶対するな!
◆投資初心者を抜けだせ!
★<全員プレゼント企画>米国REITシステムトレードTOOL
★<全員プレゼント企画>米国REIT買い時押し目判断TOOL
08/20 07:15 のりたマガジン配信完了 ==>かなり悪い展開の相場でも評価したい経済指標

 toushin インデックス長期投資
コスト優先主義は間違い
 >>初めての方

  NISAで利益上乗せ!証券口座を使い分け

貯蓄が少なくても投資は早く始めた方がいい

chochikutoushi

 

日経新聞の記事で、

貯蓄130万円に対して自分は投資をしてもいい水準なのかという話が掲載されていました。

※引用は割愛します。

 

そこでは家計の状況を見つめなおして、

予定外の出費などに対応するために、

確保しておくべき貯蓄を上回らければ「投資はしないほうがいい」というような感じのものでした。

 

ある程度の現金は長い人生において重要ですから、

家計の状況により貯蓄の使い道を決めておくことは良いと思いますので、

この記事が言っていること自体に問題はないのですが、

「投資をしてもいい水準なのか」の判断で、

貯蓄の量が少ないうちはやらないほうがいいというような話に引っかかりました。

 

 

まず最初に言っておくと、

投資は貯蓄量に関係なく、早く始めるほうがよい。

と私は思っています。

もちろん適正金額で!

 

投資というものは経験がとても大切です。

なぜなら、

投資というのは失敗を伴うものですからそれを学ばないといけないからです。

 

学ぶなら早いほうが上達しますし、

大きな失敗を防ぐことが出来るからです。

 

 

退職金や年金生活に入った高齢者が投資で失敗するというのはよく聞く話です。

これは取引の経験はもちろん、

お金の取り扱いについて知識が不足しているところが大きいです。

 

若いころに早めに投資を経験していれば、

知識や経験が身につきますから高齢になってから上記のような失敗は防げることでしょう。

 

労働による所得が長く期待できるうちに投資の経験をしておくことは、

投資で有利に立つこともできますよ。

 

 

投資はある程度まとまったお金を用意しないと、

儲けにくいものではあります。

 

100万円の元手で+10%の運用をすれば、

+10万円の利益となりますが、

1万円で+10%の運用をしても、

たったの1000円にしかなりません。

 

年利+10%なら大成功の運用ですが、

投資の労力に比べると1000円じゃあ割に合いません。(^_^;

やる意味がないと思ってしまうものなのです。

 

上記の理由から、

投資は、「貯蓄を増やしてから」ということを考えてしまうのですがこれが間違いです。

 

私は1万円しかなくてもやった方がいいと思います。

 

これならお小遣いで捻出できる金額ですよね。

 

投資は失敗をするものですから、

元金が少ないほうがむしろ損が少なくて済みます。

 

もちろん金額の大きさは投資家心理に影響しますし、

投資信託などは1万円が購入単位となっていたりするので、

50万~100万円あったほうが当然、学べるものも大きく変わってくるのですが、

最近は、500円や1000円での投信購入できるサービスもあるため、

複数回の実践をこなすこともできますから、

始めて実践する分には問題ないでしょう。

 

そもそもお金が貯まらないから投資を始めないというのでは、

時間をムダにするだけです。

 

投資を始めるとなると口座を開設したり、

取引手順を学んだり、

どんな投資が出来るのかとか、

購入する前にやることは多くあります。

 

何も準備していない人は、

アベノミクスで株が急騰したから投資しようとしてもどうしてよいか分からないことでしょう。

 

そもそもアベノミクスで上昇することが前もって感じ取れないようでは儲けることはできませんが、

投資を初めていないとそんなこと気にもしていないことでしょう。

 

 

私は投資初心者に一番、学んで欲しいとよく言っているのは、

暴落を経験することです。

 

大暴落は、

数年に1回程度あるものだと考えています。

小規模の暴落は、年に1回はあります。

 

しかし逆に言えば、

しばらく運用していないと出会えないものですから、

早く始めた方が出会いやすいですよね。

 

暴落は投資家心理を学ぶ絶好の機会です。

 

自分で実際に投資していないと投資家心理は絶対分かりませんからね。

 

一度、暴落を経験するとものすごい大きなものを手に入れられます。

投資していない人がニュースで日経平均の下落を眺めているのとはわけがちがいます。

また、儲ける方法も見つけられることでしょう。

 

暴落を学んでから、

まとまった資金を投入して運用していっても遅くはありません。

 

このことは、

貯蓄がいくらたくさんあっても経験が少ないうちは少額にとどめないといけないという意味でもあります。

 

1回の失敗が大きな致命傷になる投資をしてしまう人がいます。

あなたはそんなことにならないように、

投資を早くから経験するようにしてくださいね。

 

 

 

ちなみに投資は必要なのか?

と言われれば、必ずやったほうがいいものだと私は思っております。

※金額は少なくていいです。

 

それから、

投資をやり始めると何故かお金が貯まるようになる。

というのはよく聞く話です。

私もそうでした。

 




★気になったらブックマークやシェアしてくださると嬉しいです♪
ページ後方でこの記事へコメントを残すことが出来ます。



スポンサードリンク

お役立ち関連記事です

“貯蓄が少なくても投資は早く始めた方がいい” への2件のフィードバック

  1. カラシ より:

    全面的に同意

    • のりたま より:

      カラシさん。
      コメントありがとうございます。

      株価が上がっても一般庶民は関係ないといういわれ方をする人がいるのですが、
      投資をしてぜひアベノミクスの恩恵を得てほしいものです。
      そんなことを思いながら書きました。(^_^)

コメントを残す


サブコンテンツ

確定申告 特集!

NISA口座はOK?

過去記事を見る

スマホ携帯でチェック

sp

問い合わせ

返信率100%!取り上げて欲しい話題や、 疑問点などありましたら以下フォームでお寄せください。 できるだけ真摯に答えさせて頂きます。
=>問い合わせフォーム

スポンサードリンク

このページの先頭へ